神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

金融の仕組みと働き

著者名 岡村秀夫(著)、田中敦(著)、野間敏克(著)、播磨谷浩三(著)、藤原賢哉(著)
タイトル 『金融の仕組みと働き』
出版社 有斐閣 2017年9月
価格 2376円 税込

紹介

現実の金融がどのような仕組みで動いているのかについて、現実の説明と理論を使ってわかりやすく丁寧に解説。金融の基本から、マイナス金利、フィンテックなどの最新トピックにも対応。制度と理論をバランスよく学べる新しい金融論のテキスト。各章ごとのポイント、コラム、練習問題等を豊富に用意。

 

【目次】

序章 金融の仕組みと働き
第Ⅰ部 金融システム
第1章 資金の流れ
第2章 銀行
第3章 金融市場
第4章 金融の新しい仕組み-証券化とフィンテック

第Ⅱ部 金融取引
第5章 金融取引と金利
第6章 金融取引の特徴と課題
第7章 銀行の働き
第8章 金融市場の働き
第9章 金融取引と政府の役割

第Ⅲ部 金融政策と金融システムの安定
第10章 貨幣の働きとマクロ経済
第11章 日本銀行と金融政策 第12章 金融危機とプルーデンス政策