神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

市場首位の目指し方(経営戦略の実戦(3))

著者名 三品和広(著)
タイトル 『市場首位の目指し方
(経営戦略の実戦(3))』
出版社 東洋経済新報社 2018年6月
価格 9720円 税込

紹介

経営幹部候補生向けの教材として、2015年7月にシリーズ第1巻『高収益事業の創り方』を出しましたが、いよいよシリーズ第3巻『市場首位の目指し方』が2018年6月に出ました。

このシリーズは、結果から入る戦略論という切り口を一貫して採用しており、肝心要の結果を
第1巻は事業利益率
第2巻は企業成長率
第3巻は市場占有率
で測ることにしています。そして
第1巻は10年
第2巻は50年
第3巻は40年
という超長期で実測した値が基準点を超えるケースを網羅的に取り上げて、結果に直結した施策、すなわち戦略をあぶり出し、各巻で100を超えるケースの裏にある戦略をパターン分類するという帰納的なアプローチを採っています。世界的なベストセラーになった『エクセレントカンパニー』は同じアプローチに挑んで腰砕けになりましたが、本シリーズは曲がりなりにも出口に辿り着いているので、その点は安心してください。

コンセプトは「実戦に学び、実戦に活かす」です。第2巻は工事中ですが、帰納的な戦略論の全貌は見えてきたので、今秋からMBAゼミにもシリーズを投入します。競争戦略論は戦う相手を同業他社と見ていますが、私の戦略論は戦うべき真の相手が時流時勢であることを明らかにしており、このシリーズから神戸大学発のオリジナリティに富む新たな戦略論が始まるものと私自身も期待に胸を膨らませています。よろしければ、目次と序章だけでも覗いてみてください。

【目次】

序章

 テーマ
 ケース
 パターン
 プレゼンテーション
 インストラクション
 レファレンス

第一部 成長市場の狙い目

第1章 立地間競争

第1節 立地再定義の功罪

1-1-1. 独創的な立地選択

ケース901 中華料理の素(味の素x丸美屋食品工業)
ケース902 低圧開閉器・制御機器(日立製作所x立石電機)
ケース701 一般用エンジン発電機(東芝x本田技研工業)
ケース702 ソーセージ類(伊藤ハムx日本ハム)
ケース703 送風機(日立製作所x荏原製作所)
ケース704 押出成形機および付属装置(三菱重工業x日本製鋼所)
ケース903 整地機械(小松製作所x酒井重工業)
ケース705 両替機(神鋼電機xグローリー工業)
ケース904 電磁気分析機器(島津製作所x日本電子)
ケース706 エチレンプロピレンゴム(日本合成ゴムx住友化学工業)

1-1-2. 独善的な立地選択

ケース707 液晶テレビジョン受信機(カシオ計算機xシャープ)
ケース708 騒音防止装置(石川島播磨重工業x日本碍子)
ケース905 平版印刷機械(小森印刷機械x三菱重工業)
ケース906 機械プレス(アイダエンジニアリングx小松製作所)

第2節 立地の組み合わせ

1-2-1. 総合力による逆転

ケース907 レトルトカレー(大塚食品xハウス食品工業)
ケース709 缶コーヒー(上島珈琲x日本コカ・コーラ)
ケース710 制汗剤(ライオンx花王)
ケース711 小型ディーゼルトラック(いすゞ自動車xトヨタ自動車工業)
ケース712 クローラクレーン(神戸製鋼所x日立建機)

第2章 構えの再編

第1節 意図しない競合凍結

2-1-1. 川下の再編成

ケース713 ポリカーボネート(帝人x三菱化学)
ケース714 鼻炎薬(スミスクラインビーチャムx大正製薬)
ケース715 大容量全自動洗濯機(松下電器産業x日立製作所)

2-1-2. 川上の再編成

ケース716 液晶ポリマー(住友化学工業xダイセル化学工業)
ケース717 切符自動販売機(神鋼電機x立石電機)
ケース718 フィルム粘着テープ類(積水化学工業x日東電工)

2-1-3. 最上流の選択

ケース908 歯付ベルト(三ツ星ベルトxニッタ)

第2節 狙い打ちの競合凍結

2-2-1. 弱点を突くオフェンス

ケース909 電気ドリル(日立工機xマキタ電機製作所)
ケース910 マニラボール塗工紙(大昭和製紙x北越製紙)
ケース911 水中ポンプ(荏原製作所x鶴見製作所)
ケース719 針状ころ軸受(NTN東洋ベアリングx日本精工)

2-2-2. オフェンスの空転自滅

ケース720 ダイカストマシン(東芝機械x宇部興産)

第3章 世代間競争

第1節 旧世代の盟主の呪縛

3-1-1. 医療業界の世代交代

ケース721 コンタクトレンズ(メニコンxJ&J)
ケース912 消化性潰瘍用剤(アステラス製薬x武田薬品工業)
ケース913 血圧降下剤(萬有製薬x武田薬品工業)
ケース914 血管拡張剤(バイエル薬品xファイザー製薬)

3-1-2. 精密機械の世代交代

ケース722 カメラ用交換レンズ(ニコンxキヤノン)
ケース723 集塵装置(三菱重工業x日立プラント建設)

第二部 成熟市場の攻め口

第4章 立地の取捨選択

第1節 事業ポートフォリオの機微

4-1-1. 立地の振り替わり

ケース915 小形棒鋼(東京製鐵x共英製鋼)
ケース724 ベーン型油圧ポンプ(ダイキン工業xカヤバ工業)
ケース725 ポリエチレンパイプ(日立化成工業x呉羽化学工業)
ケース916 塩ビ平板(筒中プラスチック工業xタキロン)
ケース917 ベルトコンベヤ(日本コンベヤx三機工業)
ケース726 豆菓子(ブルボンxでん六)

4-1-2. 立地寿命の見誤り

ケース918 飲用牛乳(雪印乳業x明治乳業)
ケース727 小型ブルドーザー(小松製作所x新キャタピラー三菱)

4-1-3. 事業立地の集団化

ケース728 麦茶(ハウス食品x伊藤園)
ケース729 田植機(井関農機xクボタ)

第2節 盟主を守勢に追い込む秘技

4-2-1. 立地の微小シフト

ケース919 ソース(ブルドックソースxオタフクソース)
ケース730 射出成形機(日精樹脂工業x住友重機械工業)
ケース920 電縫鋼管(新日本製鐵x丸一鋼管)
ケース731 純白ロール紙(紀州製紙x王子製紙)
ケース732 円錐ころ軸受(日本精工x光洋精工)
ケース733 ガス遮断器(三菱電機x日立製作所)

第3節 他社を見ずに我が道を行く

4-3-1. 前衛的な立地選択

ケース921 整腸薬(大幸薬品xビオフェルミン製薬)
ケース922 鎮咳去痰薬(堀内伊太郎商店xエスエス製薬)
ケース923 収縮包装機(日立造船x京都製作所)
ケース924 ケース詰機(京都製作所x三菱重工業)
ケース734 基礎工事用機械(神戸製鋼所x日立建機)
ケース735 一般用軟質塩ビフィルム(オカモトxアキレス)

第5章 構えの周期適応

第1節 時機を見据えたシフト

5-1-1. 川上の再編成

ケース736 なめ茸(ナガノトマトx丸善食品工業)
ケース925 布帛シャツ(トミヤアパレルx山喜)
ケース737 電気グラインダ(日立工機xマキタ)
ケース926 ゴムホース(十川ゴム製造所x東海ゴム工業)

5-1-2. 川下の再編成

ケース927 ソース(カゴメxブルドックソース)
ケース928 味噌(宮坂醸造xマルコメ味噌)
ケース738 洗面化粧台(松下電工x東陶機器)
ケース739 特殊用途変圧器(日立製作所x東芝)

5-1-3. 総合力の発揮

ケース740 浴用固形石鹸(牛乳石鹸共進社x花王石鹸)
ケース741 パップ剤(第一製薬x久光製薬)
ケース742 ピッキングシステム(トーヨーカネツxダイフク)
ケース743 18リットル缶(日本製罐x東洋製罐)

5-1-4. 突破力の発揮

ケース929 大形形鋼(新日本製鐵x東京製鐵)
ケース744 高炭素線材(新日本製鐵x神戸製鋼所)

5-1-5. 最上流の設計

ケース930 ロックウール(日本ロックウールxJFEロックファイバー)
ケース931 フレグランス製品(資生堂xブルーベル・ジャパン)

第2節 後の先による競合凍結

5-2-1. 非可逆性の罠

ケース745 小型ガソリントラック(日産自動車xトヨタ自動車)

第6章 製品の改善改良

第1節 日用品と食品の本質改善

6-1-1. リ・インベンション

ケース932 ジャム(明治屋x青旗缶詰)
ケース933 漬物(新進x東海漬物製造)
ケース934 風味かまぼこ(一正蒲鉾xスギヨ)
ケース935 鎮痒剤(金冠堂x池田模範堂)

6-1-2. 海外からの技術移転

ケース746 衣料用液体合成洗剤(花王xP&Gファー・イースト)
ケース747 台所用洗剤(ライオンxP&Gファー・イースト)
ケース748 非標準変圧器(東芝x日立製作所)

6-1-3. 経営管理の実質強化

ケース749 金属皮膜固定抵抗器(松下電器産業xコーア)
ケース750 固定式クレーン(石川島播磨重工業x三菱重工業)
ケース751 入浴剤(ツムラx花王)

第2節 辺境投資による競合凍結

6-2-1. 技術開発投資の選別

ケース752 耕耘機(ヤンマーディーゼルx久保田鉄工)
ケース753 コンベヤベルト(ブリヂストンx横浜ゴム)

第三部 衰退市場の抜け道

第7章 立地の転換

第1節 捨てるが勝ち

7-1-1. 下位市場間移動

ケース936 ビール(麒麟麦酒xアサヒビール)
ケース754 ステンレス浴槽(タカラスタンダードx川鉄建材)
ケース755 脱穀機(井関農機x三菱農機)
ケース937 清酒(月桂冠x白鶴酒造)

7-1-2. 上位市場内移動

ケース756 水道メーター(金門製作所x愛知時計電機)
ケース938 カーステレオ(クラリオンxパイオニア)
ケース757 電気絶縁紙(巴川製紙所x三菱製紙)

第8章 構えの一新

第1節 痩せるが勝ち

8-1-1. 川上の再編成

ケース758 ダイアジノン粒剤(日本農薬x日本化薬)
ケース759 DEP粉剤(北興化学工業x日本バイエルアグロケム)
ケース760 軸受ユニット(日本精工xNTN)
ケース761 橋形クレーン(石川島播磨重工業x三井造船)
ケース762 標準三相誘導電動機(日立製作所x東芝)

第9章 実務の強化

第1節 溜めるが勝ち

9-1-1. 製品次元

ケース763 婦人用腕時計(セイコーxシチズン時計)

9-1-2. 管理次元

ケース764 電動移動棚(日本ファイリングxダイフク)

終章 市場支配への正攻法

命題1 市場首位をいつでも目指すことなど許されない

命題2 市場首位をどこでも目指すことなど許されない

命題3 市場首位を目指すなら時機を待ち味方につけよ

命題4 攻めるなら首位企業が反攻できない弱点を狙え

命題5 攻めるより上位市場の系内で新立地を切り拓け

あとがき