神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

過去の経営グッドプラクティス・セミナー

次へ

第39回

2014年12月3日(水)18:30~19:45

『現在の会計を歴史から眺める』

経営学研究科 清水泰洋准教授
 会計に日常的に触れているビジネスパーソンの皆さんは、それがなぜ必要なのかを良く理解されているでしょう。曰く、それは日常の計数管理に有用である、あるいは組織・部門のパフォーマンスの測定に不可欠である、あるいは、外部の利害関係者に提供する財務諸表作成の基礎になる、等々です。それらは今ある会計、そしてフォーマル、インフォーマルを問わず、何らかの決まり事、すなわち制度によって規定された会計についての、いわば教科書的な理解です。
 では、果たしてこのような制度を抜きにしたとき、皆さんは会計の有用性を実感されているでしょうか。あるいは、「そのように決められたから」処理を行っているだけでしょうか。決まり事の少なかった時代の会計はどのようなものだったのか、という歴史的な視点から現在の会計を見直すと、何か新しい発見が得られるかもしれません。今回のセミナーでは、会計の歴史について、最近に交換された何冊かの書籍を手がかりにしながら考えてみたいと思います。現在の会計がいかに制度に支配されているかを理解し、会計は本来的には自由なものであることをお伝えできればと考えております。

 なお、『神戸大学MBAを志望する方のための特別セッション』ではなく、通常のグッドプラクティスセミナーです。ただし、本特別セッションに関連する経営外来は実施いたしません。
 募集人数は75名です。

開催場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ

第38回

2014年11月5日(水)18:30~19:45

『神戸大学MBAを志望する方のための特別セッション:神戸大学のMBAを体験しよう(6)現代経営学演習(ゼミ)』

経営学研究科 三矢 裕教授
川崎重工業株式会社/神戸大学大MBA2014年修了 小山 治氏
カイゲンファーマ株式会社/神戸大学大MBA2014年修了 山田克樹氏

 今回のグッドプラクティスセミナーも、将来、神戸大学のMBAで勉強してみたいと思われている方や、神戸大学のMBAがどういう活動をしているのかに興味をお持ちの方向けのセッションとなります。
 一年半の神戸大学MBAプログラムの締めくくりは、専門職学位論文です。米国を含め他校の多くのMBAが論文を課さないのに対し、神戸大学MBAプログラムではその開始時より、ゼミ/専門職学位論文が必須でした。
 14~15名が一年生後期と二年生前期の一年間、一つのゼミに所属し、担当教員の指導の下、リサーチクエスチョンを立て、フィールドワークを行い、成果を数十ページの論文にまとめます。
http://mba.kobe-u.ac.jp/life/thesis/index.htm

 論文作成では、一人一人が日頃の実務の問題点に根差したテーマを選び、「WHY」の問いを繰り返しながら、深く掘り下げ、最終的に実務に対してインパクトのある提言を見つけます。そのプロセスは、まさに苦行とも言えます。しかし、多くの修了生がその意義を感じています。その苦しい道のりをともに歩んだメンバーは同志のような関係となり、卒業後もお互いの交流は長く続きます。
http://mba.kobe-u.ac.jp/voice/alumni/index.htm

 今回のグッドプラクティスセミナーでは、まず、2013-2014年に演習を担当した三矢教授より、どういう方針やスケジュールで一年間の指導を行ったのかについて紹介してもらいます。
 次に、この10月にMBAを修了したばかりの、川崎重工業株式会社ご勤務の小山治氏、カイゲンファーマ株式会社ご勤務の山田克樹氏がご登壇し、ゼミで学ぶことの意義、および各々の専門職学位論文についてプロセスや成果についてのレゼンテーションを行います。
 最後に、セミナーご参加の皆さんからのさまざまな質問に、小山氏、山田氏がお答えします。ゼミのことだけでなく、入試、MBAコースでの勉強、MBAの雰囲気、学生同士の交流、仕事や家庭との両立のさせ方などについて、MBAを修了したばかりのお二人の経験を聞くことができます。
 将来、神戸大学のMBAで勉強してみたいと思われている方は、是非、この特別セッションにご参加ください。
 募集人数は75名です。

開催場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ

第37回

2014年10月1日(水)18:30~19:45

『神戸大学MBAを志望する方のための特別セッション:神戸大学のMBAを体験しよう(5)ケースプロジェクト研究』

経営学研究科 三矢 裕教授/神戸大学MBAプログラム1年生の代表者

 今回のグッドプラクティスセミナーも、将来、神戸大学のMBAで勉強してみたいと思われている方や、神戸大学のMBAがどういう活動をしているのかに興味をお持ちの方向けのセッションです。
 神戸大学MBAプログラムは、プロジェクト方式の教育を特長としており、1年次前期にこのケースプロジェクト研究、後期にテーマプロジェクト研究、2年次前期には、専門職学位論文の作成に専念することとなります。ケースプロジェクト研究では、担当教員の三品和広教授が選んだ「Mis-Conduct:JR大阪三越伊勢丹の早すぎる計画変更(撤収)から何を学ぶのか」というテーマについて、各グループが調査を実施し、その結果を8月の最終発表会でプレゼンテーションします。グッドプラクティスセミナーでは、受賞チームのMBA生に、授業の概要およびグループの発表内容を再現してもらいます。
 セミナー後半では、この発表を担当した現役MBA生が、フロアの方々からの質問にお答えします。プロジェクト研究のプロセスと内容、また、入試のこと、MBAでの勉強とのこと、仕事との両立のさせ方などについて、現役のMBA生たちの経験等を気軽に聞く機会とします。
 将来、神戸大学のMBAで勉強してみたいと思われている方は、是非、この特別セッションにご参加ください。
 募集人数は75名です。
 なお、本特別セッションに関連する経営外来は実施いたしません。

開催場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ

第36回

2014年8月6日(水)18:30~19:45

『神戸大学MBAを志望する方のための特別セッション:神戸大学のMBAを体験しよう(4)現代経営学演習(ゼミ)、同窓活動MBACafe 』

経営学研究科 教授 黄磷
パナソニック株式会社/神戸大学大MBA2013年修了 南 公男氏

 今回のグッドプラクティスセミナーは、将来、神戸大学のMBAで勉強してみたいと思われている方や、神戸大学のMBAがどういう活動をしているのかに興味をお持ちの方向けのセッションです。
 
 神戸大学MBAプログラムの最大の特徴は、学生全員がゼミに1年間所属し、各自の関心に沿って専門職学位論文を書き上げる点にあります。
http://mba.kobe-u.ac.jp/admissible/about/feature.htm
http://mba.kobe-u.ac.jp/life/thesis/index.htm
また提出された論文の中で特に優れている作品については、「加護野忠男論文賞」が授与されます。
http://mba.kobe-u.ac.jp/event/2014/kagono_result2013.html
 今回のグッドプラクティスセミナーでは、現MBA教務委員の黄教授より現代経営学演習の説明を行った後に、2013年度加護野忠男論文賞受賞者、パナソニック株式会社にご勤務の南氏より、ご自身の論文『戦略の策定と実行における齟齬 -企業改革の事例に基づいて-』の、ご講演をいただきます。
 不確実な時代環境の中,企業は臨機応変な経営対応が迫られます。新事業領域を開拓することに長年携わってきた南氏は、「戦略が企業活動の羅針盤として重要であるにもかかわらず,現場から『戦略が見えない』『戦略がない』、経営者からは『戦略が実行されない』『下が動かない』という声があがるのはなぜか?」という問題意識にもとづいて丹念に事例研究を行いました。また講演では、この研究の視座を与えてくれたMBAの講義、ゼミ内での討議内容、問題意識の昇華、研究計画、先行論文調査、研究方法など、論文としてまとめるまでの一連の活動を紹介します。グッドプラクティスセミナーの参加の皆さんに、南氏の論文の内容およびその作成プロセスを知ってもらうことによって、神戸大学MBAのゼミを擬似体験してもらおうと考えています。
 さらに、セミナー後半では、南氏も中心メンバーとなって活動している、同窓活動MBACafeの活動について紹介してもらいます。平均年齢が30代後半で、企業の中核人材が集まる神戸大学MBAへの期待としては、多数の修了者、現役学生たちとのネットワーク作りは外せません。これをボランティアで担ってくださっているのが、同窓会組織のMBACafeです。修了した後にもMBAは続きます。神戸大学MBAを志望する方々に、MBACafeの活動を是非とも知ってもらいたいと思います。
 
 募集人数は75名です。
 なお、本特別セッションに関連する経営外来は実施いたしません。
 開催場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ

第35回

2014年7月2日(水)18:30~19:45

『震災復興におけるマネジメントコントロール:大規模質問票調査』

経営学研究科 教授 三矢裕
大丸松坂屋百貨店業務本部財務部/神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程 岡崎路易

 大規模震災のためのBCP(事業継続計画)への関心が高まり、東日本大震災から3年後の現在、大半の大企業ではその整備が行われました。しかし、これは震災直後の応急的対応に過ぎません。応急対応の後、果たして壊滅した施設設備のを再建するための投資評価、もはやガイドラインとしての役割を果たさなくなった中期計画の再検討、公平な業績評価にベンチマークとなりえない予算制度の運用など、復興段階でマネジメントコントロールをどのように行うのかについては実務面でも研究面でもいまだ手付かずの状態です。

 神戸大学の三矢、國部克彦教授、松尾貴巳教授、東北学院大学の佐々木郁子教授、滋賀大学の大浦啓輔准教授らで構成する研究チームでは、東日本大震災の直後より、震災復興におけるマネジメントコントロールのケース研究を行ってきました。その後、2013年には大規模質問票調査を実施しました。
 非常に興味深いファインディングスとしては、次のようなものがあります。
・直接の被害を受けた企業のみならず、サプライチェーンや電力や景気後退の影響が全国の企業に及んでいる。
・被災企業は平常時よりも大規模な投資が必要になるが、それを平常時よりも短期間に、確度の低い限定された予測情報をもとに、シナリオの想定も少ないなかで決定しなければならない。
・環境変化が激しくなれば、予算を業績評価のベンチマークとして利用されなくなることがある。戦略実施をドライブするためには、予算のような計数コントロールよりも、経営理念によって組織を方向付けるという実務が見られる。

 いずれも、まだ「気付き」の段階ではありますが、これらは実務面、研究面でも価値のあるものだと思っています。今回のグッドプラクティスセミナーでは、これらの質問票調査の結果を中心に、ケース研究の成果もあわせて報告します。
この重要な課題について参加者の皆さんと意見交換をできれば幸いです。

 なお、『神戸大学MBAを志望する方のための特別セッション』ではなく、通常のグッドプラクティスセミナーです。ただし、本特別セッションに関連する経営外来は実施いたしません。
 募集人数は75名です。

開催場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ