神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

過去の神戸大学MBA公開セミナー

次へ

第26回

2018年6月13日(水)18:30~19:45

『異業種の農業参入が共創する経済的価値と社会的価値ー兵庫県の参入事例からの考察ー』

発表者:大野寛人氏(2017年度加護野忠男論文賞受賞者、神戸大学MBA修了生)

場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ(梅田ゲートタワービル8階)

6月の神戸大学MBA公開セミナーでは、本学MBA修了生で、2017年度加護野忠男賞受賞者の大野寛人氏が、受賞論文のエッセンスを語ります。

近年、異業種による農業参入が急増しています。そのなかにあって、企業という新しい農業の担い手の持続可能性や存在意義が問われています。

講演者の大野氏は、外資系化学メーカーの農業事業部門に勤務しています。地域農業が衰退していく一方で、盛り上がりを見せる企業による農業経営に着目し、そこから生まれる価値を多面的な評価するべく、本研究に着手しました。

農業は地域社会と共に存在する産業です。企業による農業経営においては、地域は企業という“異質な”存在を受け入れ、企業は地域社会の構成員となる必要があります。そこでは、企業による農業経営を単に経済的な指標のみで評価するのではなく、彼らが地域社会にもたらす社会的な価値と、それがどのように企業にとっての経済的価値に繋がっていくのかを併せて評価することが重要となります。

本研究では、異業種からの農業参入によって企業側が得た経済的価値、参入地域側にもたらされた社会的価値、さらに農業経営に活用したコア・コンピタンスの3変数の関係を統計的手法により明らかにしました。また、実際に農業参入した企業へのインタビュー調査などにより、共通価値の創造メカニズムや、社会的価値創出の経済的価値への影響などについても推論も行なっています。

本セミナーでは、企業による農業経営のあるべき姿を、経済的な指標だけではなく、企業が持つ社会性の面からも議論していきます。

 

当日のプログラムは以下の通りです。

  • 18:30-18:35 挨拶、概要説明
  • 18:35-19:05 講演(大野氏)
  • 19:05-19:45 質疑応答

募集人数は110名です

開催場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ

第25回

2018年5月9日(水)18:30~19:45

『斜陽産業において中小企業が持続的に発展するための企業連携』

発表者:2017年度MBAテーマプロジェクト・チーム(チーム中小企業)

場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ(梅田ゲートタワービル8階)

4月の神戸大学MBA公開セミナーには、2017年度後半に行われた「テーマ・プロジェクト研究」最上位チームのひとつが登場します。「プロジェクト方式」は、事例と理論を徹底的に検討し、仲間と議論を闘わせ、経営上の問題に実践的な解を導き出すことができる人材を育成することをねらいとしたグループ演習であり、本学MBAプログラムのひとつの柱となっています。

今回の「テーマ・プロジェクト」では、神戸大学MBA生が12チームにわかれ、各チームが業務上の問題意識からテーマと仮説をそれぞれ設定し、4ヶ月以上に渡って事例研究を行い、研究成果をまとめました。

今回の発表テーマは「斜陽産業において中小企業が持続的に発展するための企業連携」です。中小企業はわが国において、企業数の99.7%を占め、雇用の7割を支え、付加価値の過半数を担うと共に、イノベーションの担い手として、重要な経済主体となっています。しかしながら、中小企業の数は2009年からの5年間で39万社の減少。2016年には実に14分に1社のペースで中小企業が廃業しています。

今回発表される研究は、中小企業の持続的発展のために重要な「企業間連携」に着目し、斜陽産業のなかにあって中小企業がどのように発展を遂げていくのか、そこでのあるべき企業間連携とはどのようなものか、という問いに向き合ったものです。特に企業間連携を活かした新規事業領域拡張について、どのように領域を設定するのか、どういった基準で連携先を選定するのか、どうやってその一歩を踏み出すのかについて、実ケースに沿ってリアルなプロセスを追求します。

今回の公開セミナーでは、実際に持続的発展を遂げることに成功している中小企業経営者へのインタビューを通じて、神戸大学MBA生が見出した一つの解をご紹介します。この解を皆さんと共有するとともに、さらなる議論を重ね、経営という問題への内省を深めていきたいと考えています。ぜひご参加ください。

 

当日のプログラムは以下の通りです。

  • 18:30-18:35 挨拶、概要説明
  • 18:35-19:05 テーマ・プロジェクト研究の成果発表(神戸大学MBA生チーム)
  • 19:05-19:45 質疑応答

募集人数は110名です

開催場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ

第24回

2018年4月11日(水)18:30~19:45

『論題:「変化する採用の最前線~優秀な研究開発者の採用方法~」』

発表者:2017年度MBAテーマプロジェクト・チーム(チーム名湯めぐり)

場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ(梅田ゲートタワービル8階)

4月の神戸大学MBA公開セミナーには、2017年度後半に行われた「テーマ・プロジェクト研究」最上位チームのひとつが登場します。「プロジェクト方式」は、事例と理論を徹底的に検討し、仲間と議論を闘わせ、経営上の問題に実践的な解を導き出すことができる人材を育成することをねらいとしたグループ演習であり、本学MBAプログラムのひとつの柱となっています。

今回の「テーマ・プロジェクト」では、神戸大学MBA生が12チームにわかれ、各チームが業務上の問題意識からテーマと仮説をそれぞれ設定し、4ヶ月以上に渡って事例研究を行い、研究成果をまとめました。

今回の発表テーマは「変化する採用の最前線~優秀な研究開発者の採用方法~」です。日本は世界のイノベーション競争に遅れを取っていると言われて久しく、日本発のイノベーションを生み出すために研究開発型企業は日々模索を続けています。今回発表されるのは、その解を採用という社員の入り口に求める研究です。

長らく日本企業は新卒一括採用を行い、新入社員から始まる社内の昇進レースで社員を競わせるということを行ってきました。この昇進レースは、管理部門や研究開発部門も含めた全てのポジションで行われており、採用についても、ゼネラリストも研究開発者も同様の目線で評価を行っている企業が多くなっています。日本の研究開発型企業がイノベーション競争を勝ち抜く上で、この横一線の採用方法が本当に正しいのか、研究開発者に適した採用方法があるのではないかという問題を、本研究は提起します。

今回の公開セミナーでは、インタビューにご協力いただいた研究開発型企業の特徴的な採用を通じて、優秀な研究開発者の採用における最適解を模索します。この解を皆さんと共有するとともに、さらなる議論を重ね、経営という問題への内省を深めていきたいと考えています。ぜひご参加ください。

当日のプログラムは以下です。

  • 18:30-18:35 挨拶、概要説明
  • 18:35-19:05 テーマ・プロジェクト研究の成果発表(神戸大学MBA生チーム)
  • 19:05-19:45 質疑応答

募集人数は90名です

開催場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ

第23回

2018年3月14日(水)18:30~19:45

『セブン&アイ・グループの次の一手』

講師:

  • 神戸大学MBA修了生経営学研究科 栗木契教授
  • 2017年度MBAケース・プロジェクト研究 金賞受賞チーム(ななめ60度)
  • 2017年度MBAケース・プロジェクト研究 銀賞受賞チーム(チームQ)

場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ(梅田ゲートタワービル8階)

2017年3月の神戸大学MBA公開セミナーには、昨年に行われた「ケース・プロジェクト」より、上位2チームが登場します。「ケース・プロジェクト」は、経営上の問題に対する斬新でロジッカルな提言を行うことができる人材の育成をねらいとしたグループ演習であり、本学MBAプログラムのひとつの柱となっています。

昨年のテーマは、「セブン&アイ・グループの次の一手」でした。各チームに与えられた課題は、セブン&アイ・グループに向けて、国内の厳しい市場環境のなかでの中長期の成長戦略の提言を行うことでした。セブン&アイ・グループとのコンタクトはライブラリーリサーチのみとするという制約の下、提言に関連する独自のデータや情報を掘り起こし、事業ストーリーに組み立てていく作業に各チームが挑みました。

セブン&アイ・グループは国内有数の巨大流通グループ。しかし今後の国内市場において、流通企業が成長戦略を描くことのハードルは極めて高くなっています。この大きなテーマに、限られた時間と制約のなかでいかに挑み、いかに答えを導くか。神戸大学MBA生たちの闘いがはじまりました。

今回の神戸大学MBA公開セミナーでは、そこで彼らが導き出した結果を皆さんと共有するとともに、さらなる議論を重ね、これからの国内市場に潜在する可能性への認識を深めていきたいと考えています。ぜひご参加ください。

 

当日のプログラムは以下の通りです。

  1. 神戸大学MBAプロジェクト研究のご紹介(栗木教授)
  2. 2017年ケース・プロジェクト研究の成果発表(神戸大学MBA生2チーム)
  3. 質疑応答(司会:栗木教授)

募集人数は90名です

開催場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ

第22回

2017年9月13日(水)18:30~19:45

『日本型製薬企業における人的資源管理 ―研究者のキャリアトランジションに着目して― 』

講師:鈴木紀子氏(2016年度加護野忠男論文賞受賞者、神戸大学MBA修了生)
場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ(梅田ゲートタワービル8階)

9月の神戸大学MBA公開セミナーでは、本学MBA修了生で、2016年度加護野忠男賞受賞者の鈴木紀子氏が、受賞論文のエッセンスを語ります。

医薬品産業は、資源の乏しい我が国において成長が期待できる重要な産業のひとつです。

演者の鈴木氏は、日本の創薬型製薬企業の研究部署に勤務する中で抱いた、海外メガファーマを含む競合他社との競争の中で画期的新薬を創出し成長を続けるために、どのような人的資源管理をすべきか、という課題に取り組みました。

本研究では、日本の創薬型製薬企業の研究部署は、創薬研究という役割のほかに、研究以外の部署への人材輩出という役割を担っていることを明らかにするとともに、日本型経営の特性である長期雇用がそれら二つの役割にどのように作用しているか、それを強みとして最大化するための具体的な施策が論じられています。

本セミナーでは、日本型経営がもたらす弱みとなる部分に関しても提示し、皆さんと議論する場となれば幸いです。

 

当日のプログラムは以下の通りです。

  • 18:30-18:35 挨拶、概要説明
  • 18:35-19:20 講演(鈴木氏)
  • 19:20-19:45 質疑応答

募集人数は100名です

開催場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ