神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

ユーザー起点のサービス開発への移行プロセス ― 株式会社エムティーアイの事例 ―

要約

株式会社エムティーアイ(MTI)は、モバイルコンテンツの配信を事業としているIT企業である。同社は、ユーザーにとって魅力的なサービスを提供し続けるという経営課題に対応するため、柔軟に開発体制を変化させてきた。しかし、スマートフォンが急速に普及していく状況において、よりユーザーの利用状況に合わせたサービスの提供が求められるようになっている。そこで同社は、株式会社グラグリッドの協力のもと、約1年に渡りユーザー起点の開発体制を強化するための取り組みを実施した。その結果、開発で利用するメソッドが整備され、メンバーの業務に対する意欲が高まり、ユーザーインタフェースへの改善に結びつくなどの効果が現れてきた。本稿は、これら一連の取り組みを事例としてまとめたものである。

著者 PDFへのリンク

尾形慎哉

堀口麻奈

松尾睦

PDFファイル

(2.3MB)