神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

第1巻(1955年)〜第15巻(1969年)


1955年

ワルター・ラテナウの経営政策 市原季一
経営組織論の理論的発展
-テイラーとフェイヨルの比較研究-
占部都美
社会主義企業経済学の学問的性格
-ソ同盟の部門経済学の方法論争におけるエメリャーノフの見解の検討-
海道進
資本会計の領域と課題 丹波康太郎
複式簿記生成過程における商品勘定の意義 戸田義郎
賠償支拂理論への覚書 入江猪太郎
商の原義について 福田敬太郎

1956年
アメリカ公益企業政策
-最近の動向を中心として-
竹中竜雄
マニュファクチュア経営 稲葉襄
生産性と経営統計 安達和久
グナムの貸借対照表論 谷端長
本邦倉庫業史
-成立と発達-
野村寅三郎
日本小売商業の構造に関する一考察
-昭和27年商業統計表を中心として-
荒川祐吉

1957年
シュマーレンバッハからグーテンベルクへ 市原季一
経営計画論の展開 占部都美
自己金融論の吟味 森昭夫
予定保険に関する一研究 勝呂弘
交通業の性格 秋山一郎
グーテンベルクの費用理論研究 溝口一雄
原価計算利子論の史的研究 久保田音二郎

1958年
経営構造の進展と経営学の対象 平井泰太郎
公共企業体の運営における公共性と経済的合理主義との調和 竹中竜雄
労働生産性測定に関する諸問題 安達和久
企業資本調達手段としての転換証券について 丹波康太郎
運動貸借対照表の本質 高田正淳
廻船式目における共同海損制度 石津漣
投資設計と投資方策策定上の問題点 平田日出夫
生命保険株式会社の相互化 水島一也

1959年
日本の中小工業問題 稲葉襄
社会主義商業企業経済学の学問的成立をめぐる若干問題 海道進
動的勘定理論の再吟味 戸田義郎
配給過程の本質 荒川祐吉
アメリカにおける自国貨自国船主義政策の展開
-1789年の関税法から1828年の法律まで-
高村忠也
A.スミス「真正手形理論」の展開
-兌換停止時代におけるイングランド銀行-
 

1960年
共同海損と海上保険-海上保険者の填補責任- 石津漣
交通と空間経済 秋山一郎
ポートフォリオ抗生に関する一所論
-マーコビッツの所説について-
平田日出夫
大陸系商法における会計思考の発展 山下勝治
グーテンベルク費用理論における操業度と規模の問題 溝口一雄
労働生産性指数について 安達和久
戦後西ドイツに於ける自己金融
-自己金融と原価償却-
森昭夫

1961年
ピープルズ・キャピタリズムと株式所有 上林正矩
交通経営における容量について 秋山一郎
信用創造理論に関する若干の覚書 石井隆一郎
利益計画と直接原価計算との関係 久保田音二郎
流動性貸借対照表の展開 武田隆二

1962年
ワルター・ヨースト-ドイツ経営社会学の生成Ⅲ 市原季一
事業部制におけるゼネラル・スタッフ 占部都美
交通における労働生産性について 秋山一郎
アヴェイラビリティ理論の再吟味 石井隆一郎
収支的貸借対照表における評価問題 高田正淳
純財産増加説の根本思考
-シャンツ純財産増加説を中心として-
武田隆二

1963年
西独における経営参加十年 古林喜楽
社会主義工業企業の労働計画 海道進
本邦における海運同盟政策の展開 高村忠也
静態所説における共通性 高田正淳
経営経済的租税論について 武田隆二

1964年
インドの公企業の経営 竹中龍雄
マネジリアル・マーケティング、マーケティング理論、および行動システム
-マーケティングのシステムズ・アプローチの方法的基礎に関する一試論-
荒川祐吉
先物為替政策の効果と限界 天野明弘
西ドイツにおける税務会計論 武田隆二
動的貸借対照表論と勘定理論
-シュマーレンバッハ会計構造論理解のために-
黒田全紀
ⅩⅠ
1965年
各国の証券業と職能分離問題 上林正矩
わが国鉄鋼五社の株式における浮動かぶしきについて
-その名義書換状況にかんする報告-
住ノ江佐一郎
投資経営にかんする若干の問題
-とくに証券の評価、選択ならびに証券投資の基本的態度についての一考察-
平田日出夫
社会主義工業企業の労働計画(続) 海道進
フランスにおける貨幣価値変動とその税務会計的措置 武田隆二
ⅩⅡ
1966年
賃金の経営学的研究 古林喜楽
社会主義工業企業の賃金計画
-賃金フォンドの計画化について-
海道進
近代的内部監査の基礎理論 久保田音二郎
被保険利益概念の生成と発展
-SanternaからHerenbergまで-
勝呂弘
ⅩⅢ
1967年
商法計算規定の新展開 山下勝治
HochstwertprinzipからFestwertprinyipへ
-新ドイツ株式法計算規定の基本問題(そのⅡ)-
谷端長
社会主義工業企業の原価計画 海道進
道路料金制度にかんする一考察
-Stewartの所論を中心として-
秋山一郎
比較優位理論への古典派的接近 天野明弘
ⅩⅣ
1968年
港湾運送事業法の改正とそれをめぐる諸問題 高村忠也
交通業における経営指標
-乗合バス事業を中心として-
秋山一郎
消費者銘柄遷移行動のマルコフ過程モデルにおける諸問題 田村正紀
イギリス公企業研究の萌芽
-J.S.ミルからS.ウェッブへ-
佐々木弘
連結会計序説 武田隆二
ⅩⅤ
1969年
税務損益計算の基本思考
-権利・義務確定主義の分析的位置づけ-
武田隆二
イギリス郵政事業研究 佐々木弘
フォード・サーヴィス原則の変遷とその意義 宗像正幸
海運市場の構成に関する一考察
-海上運賃論の基礎として-
宮下國生