神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

出井 文男

出井文男でいふみお

教授
Ph.D.(ロチェスター大学)
博士(商学)神戸大学

略歴

  • 1973年神戸大学経営学部卒業
  • 1975年神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了
  • 1975年神戸大学経営学部助手
  • 1977年富山大学経済学部講師
  • 1979年富山大学経済学部助教授
  • 1983年神戸大学経営学部助教授
  • 1992年神戸大学経営学部教授
  • 1999年神戸大学大学院経営学研究科教授

専攻

貿易・国際経済

担当科目

研究テーマ

貿易理論を研究分野とする。数学的モデルを組み立てては、自分の頭を悩ましている。これまで国際投資、多国籍企業、途上国の工業化、国内市場の非競争性と貿易、ネットワーク外部性とダンピング、貿易自由化と賃金格差といったテーマに取り組んできた。最近は、オフショアリングに興味をもっている。

最近の論文・著書

  • "Supermodularity and Global Supply Chains without the South," (jointly with Wanida Ngienthi and Yan Ma) Review of International Economics, 2011, forthcoming.
  • "The Impact of Differential Falls in Offshoring Costs on Welfare," (jointly with Wanida Ngienthi) Review of International Economics, Vol.20, Issue 1, February 2012, pp. 72-80.
  • "Quality of Labor Markets in a Developing Country," Review of International Economics, Vol. 19, Issue 4, September 2011, pp. 626-633.
  • "Peripheral Tasks Are Offshored," Review of International Economics, Vol. 18, Issue 5, 2010, 807-817.
  • "Product Quality, wage inequality, and trade liberalization," (jointly with Yan Ma), Review of International Economics, Vol. 17, Issue 2, 2009, 244-260.
  • "Network externalities, discrete demand shifts, and submarginal-cost pricing,"(jointly with Makoto Yano), Canadian Journal of Economics, Vol.39, No.2, 2006, 455-476.

メッセージ

出井という名前のせいではないでしょうが, 井の中から出て大海を知る蛙になるように心がけています。