神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

原田 勉

原田 勉はらだ つとむ

教授
Ph.D.(スタンフォード大学) 博士
(経営学)(神戸大学)
教員の個人ページ個人のページ

略歴

  • 2005年神戸大学大学院経営学研究科教授
  • 2004年ハーバード大学フルブライト研究員(~05年)
  • 2003年INSEAD 客員研究員(~04年)
  • 1998年科学技術政策研究所客員研究官(~99年)
  • 1997年神戸大学経営学部助教授
  • 1997年スタンフォード大学よりPh.D(経済学博士)取得
  • 1991年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了
  • 1989年一橋大学商学部卒業

専攻

イノベーション経済学、イノベーション・マネジメント

担当科目

  • 大学院(Ph.D.):経営品質マネジメント特殊研究
  • 大学院(MBA):Strategy

研究テーマ

シュンペーター経済モデルの動学分析、イノベーション産業連関分析、ダイナミック戦略論、ダイナミック組織論

最近の論文・著書

  • “A Model of Inter-sectoral Flow of Technology Using Technology and Innovation Flow Matrices”, Economic Systems Research, Forthcoming.
  • “Estimating Innovation Input-output Matrix and Innovation Linkages in the East Asian Region and the USA”, Journal of Economic Structures 2016, Vol. 5, No. 1, pp. 1-24.
  • “Structural Change and Economic Growth with Relation-specific Investment”, Structural Change and Economic Dynamics 2015, Vol. 32, pp. 1-10.
  • “Changing Productive Relations, Linkage Effects, and Industrialization”, Economic Systems Research 2015, Vol. 27, Issue 3, pp. 374-390.
  • “Managing Innovation Probabilities: Core-driven vs. Bottleneck-removing Innovations”, Business and Management Studies 2015, Vol. 1, No. 2, pp.66-76.
  • ”Effects of Diversity on Innovation in Complex Technology Systems and Ownership Structure”,Journal of Management and Sustainability 2014, Vol. 4, Issue 4, pp. 36-46.
  • ”Dynamic Strategies and Management of Focusing Devices”,Journal of Management and Sustainability 2014, Vol. 4, Issue 2, pp. 22-33.
  • ”Focusing Device as Innovation Mechanism and Cluster Growth”, Economics of Innovation and New Technology 2014, Vol. 23, Issue 1, pp. 49-62.
  • “Advantages of Backwardness and Forwardness with Shifting Comparative Advantage”, Research in Economics 2012, Vol. 66, Issue 1, pp. 72-81.
  • “Path-dependent Economic Progress and Regress: the Negative Role of Subsidies in Economic Growth”, Structural Change and Economic Dynamics, 2010, Vol. 21, Issue 3, pp. 197-205.
  • “Path-dependent Economic Growth with Technological Trajectory”, Economics of Innovation and New Technology, 2010, Vol. 19, Issue 6, pp. 521-538.
  • ”The Division of Labor in Innovation between General Purpose Technology and Special Purpose Technology”, Journal of Evolutionary Economics, 2010, Vol. 20, Number 5,pp. 741-764.
  • ”Three Steps in Knowledge Communication: The Emergence of Knowledge Transformers,” Research Policy, 2003, Vol. 32, Issue 10, pp. 1737-1751.
  • ”Japanses Puzzle”, in A.Arora, R.Landan and N.Rosenberg (eds.), Chemicals and Long-term Economic Growth, Wiley-Interscience, 1998 , 103-135.
  • 『イノベーションを巻き起こす 「ダイナミック組織」戦略』,日本実業出版社, 2016年10月.
  • 『イノベーション戦略の論理-確率の経営とは何か』,中公新書, 2014年3月.
  • 『実践力を鍛える 戦略ノート[戦略立案編]』, 東洋経済新報社, 2010年.
  • 『汎用・専用技術の経済分析』, 白桃書房, 2007年.
  • 『ケース演習でわかる 技術マネジメント』, 日本経済新聞出版社, 2007年.
  • 『実践力を鍛える 戦略ノート[企業価値評価編]』, 東洋経済新報社, 2007年.
  • 『実践力を鍛える 戦略ノート[マーケティング編]』, 東洋経済新報社, 2006年.
  • 『MBA戦略立案トレーニング』, 東洋経済新報社, 2003年.
  • 『ケースで読む 競争逆転の経営戦略』, 東洋経済新報社, 2000年.
  • 『知識転換の経営学』, 東洋経済新報社, 1999年.

メッセージ

イノベーション確率という観点から、経済成長・産業連関・戦略・組織を再検討するということが私の研究テーマです。領域は、経済成長論、産業連関論、戦略論、組織論、制度論と広範な分野に及んでいますが、シンプルな経済学的モデルの分析と実証を武器にして挑戦しています。一言でいえば、新しいイノベーション経済学の構築に取り組んでいます。

教育上は、戦略、組織、技術マネジメントなどを教えていますが、最近では、experiential learning を取り入れた教育方法の構築に尽力しています。これはMBAで多用されるケース討議とも異なりますが、非常にパワフルです。いままで多様な場でトライしてきましたが、非常に好評でそのパワーに驚いています。

特技は、茶道(裏千家茶名)、四柱推命(泰山流子平館教授)です。