神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

梶原 武久

梶原 武久かじわら たけひさ

教授
博士(経営学)(神戸大学)

略歴

  • 1994年 神戸大学経営学部卒業
  • 1996年 神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程修了
  • 1997年 小樽商科大学商学部講師
  • 1998年 小樽商科大学商学部助教授
  • 2004年 小樽商科大学大学院商学研究科助教授
  • 2006年 神戸大学大学院経営学研究科助教授

専攻

管理システム、管理会計、コスト・マネジメント

担当科目

研究テーマ

企業内部における会計情報の役割に関する理論的・実証的研究。特に、日本企業を対象として、コストが決定され発生するメカニズム、コスト・マネジメントの役割、業績評価システムの設計や導入に関する研究を行っています。

最近の論文・著書

  • 『品質コストの管理会計』, 中央経済社,2008年.
  • 「品質コスト測定がもたらす効果に関する実証研究:サーベイデータに基づく分析」, 『原価計算研究』,第32巻第1号, 2008年.
  • 「「品質コスト」にみる日本的品質管理の現状と課題」, 『會計』, 第172巻, 第6号, 2007年, 54-67.
  • 「わが国製造企業における品質コスト測定・利用の決定要因:フィールド・スタディおよびサーベイデータに基づく分析」, 神戸大学大学院経営学研究科ディスカッションペーパー,2007年.
  • 「品質コスト・ビヘイビアに関する実証研究:X工場におけるケーススタディ」, 『会計プログレス』, 第8号,2007年, 35-48.
  • 「品質指標が出荷額に及ぼす影響に関する実証分析」, 『原価計算研究』, 第31巻, 第1号,2007年, 24-35頁.
  • 「パフォーマンス・フロンティア理論と品質コスト情報」, 『経理研究』, 第50号,2007年, 294-303.
  • 「ROQアプローチによる日本的品質管理の再構築」, 『ビジネス・インサイト』, 第13巻, 第1号,2005年, 8-17.
  • 「日本企業における品質コストシステム実践の多様性とその規定要因」,『原価計算研究』,第29巻,第2号,2005年,45-55.
  • 「ROQ(Return on Quality)と戦略的コストマネジメント」,『原価計算研究』,第27,第1号、2003年,11-22.

    メッセージ

    研究者になって10年ほどが経ちました。ようやく研究を楽しめるようになってきたように感じています。なかなか難しいことですが、何事も楽しみながら取り組めるようになりたいものです。