神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

上林 憲雄

上林憲雄かんばやしのりお

教授
Ph.D. (ウォーリック大学)
博士(経営学)(神戸大学)
教員の個人ページ個人のページ教員のメールアドレス(画像)

略歴

  • 2005年神戸大学大学院経営学研究科教授
  • 1999年神戸大学大学院経営学研究科助教授
  • 1999年英国ウォーリック大学大学院ドクタープログラム修了
  • 1994年神戸大学経営学部助教授
  • 1992年神戸大学経営学部助手
  • 1992年神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程退学
  • 1991年神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程修了
  • 1989年神戸大学経営学部卒業

専攻

人的資源管理・人事労務管理・経営組織

担当科目

  • 大学院(Ph.D.):経営制度特論
  • 大学院(MBA):Individuals and Groups、現代経営学演習
  • 学部:人的資源管理

研究テーマ

経営学の中でも特に“人間”に関わる諸問題。ひとくちに言えば,「人間が企業組織でハッピーに働けるためにはどうしたらよいか」というような問題に取り組んでいます。英国での留学体験を踏まえ,日英両国におけるIT(情報技術)システムのデザインやその利用パターンの異文化間比較,日本的経営の海外移植の問題,日本と諸外国におけるビジネス教育のあり方の異同等のトピックスについても,いくつかの著作を執筆してきました。最近では,日本企業の喫緊の課題とされている「技能伝承」の問題や,日本型「ワークライフバランス」(仕事と生活の調和)の展開にも関心を寄せています。今後は,これら個別領域での研究成果を踏まえながら,日本企業の経営システムが総体としてどのような方向へ向かおうとしているのかについて,理論・実証の双方からアプローチしていきたいと考えています。

最近の論文・著書

  • 『経験から学ぶ人的資源管理』(共著)有斐閣,2010年10月.
  • 『入門 人的資源管理(第2版)』(共編著)中央経済社,2010年3月.
  • 『人的資源管理 ―理論と実践―』(共監訳)文眞堂,2009年7月.
  • 『経験から学ぶ経営学入門』(共著), 有斐閣, 2007年4月.
  • 『異文化の情報技術システム―技術の組織的利用パターンに関する日英比較―』, 千倉書房, 2001年.
  • 『柔構造組織パラダイム序説―新時代の日本的経営―』(奥林康司ほか3名と共著), 文眞堂, 1994年.
  • 「2007年問題と日本企業の協働力・組織力」『関西経協』第61巻第4号, 2007年4月, 10-16.
  • 「グローバリゼーションと日本の人事マネジメント」『産研アカデミック・フォーラム』(早稲田大学産業経営研究所編)No.12, 2004年10月, 17-29.
  • 「日本型ビジネススクール教育の論点と課題」『国民経済雑誌』第187巻第1号, 2003年10月, 35-46.
  • 「情報技術と社会的コンテキスト―ビジネス・プロセス・リエンジニアリング論再考―」『日本労務学会誌』第2巻第2号, 2000年, 1-12.
  • 「情報技術の利用形態とナショナル・カルチャー―作業組織の日英比較―」『日本経営学会誌』第4号, 1999年, 61-73.
  • Industrial Innovation in Japan, Routledge, 2008 (co-edited/authored with Hara, T. and Matsushima, N.).
  • Management Education in Japan, Chandos Oxford Publishing, 2007 (co-authored with Morita, M. and Okabe, Y.).
  • ‘Culture-specific IT use in Japanese factories', Asian Business & Management Journal, Vol. 3, No. 2, June 2004, 241-262.
  • Cultural Influences on IT Use: A UK-Japanese Comparison, Palgrave Macmillan, 2002.
  • "Cultural influences on IT use amongst factory managers: a UK-Japanese comparison"(co-authored with Harry Scarbrough), Journal of Information Technology, Vol.16, No.4, 2001, 221-236.
  • "New forms of management organisation under new technology: empirical evidence from Japanese manufacturing companies", Management, Vol.3, No.1, 1996, 17-27.
  • "Changes in organisational structure and new development in personnel management", Journal of Japanese Economic Studies, Vol.23, No.5, 1995, 74-96.

メッセージ

まず、世間の「常識」と思われていることや,当たり前とされている「通念」に対して,「なぜそうなっているんだろう?」という小さな疑問をもってみることから始めてみましょう。そうした何気ない疑問をいくつか日頃から抱きつづけていると、いずれは自分なりの新しい「ものの見方」ができるようになるはずです。うまくいけば,皆さん自身のオリジナルな理論を発見できるかも知れません。