神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

三品 和広

三品和広みしなかずひろ

教授
Ph.D.(企業経済学)
(ハーバード大学)
教員のメールアドレス(画像)

略歴

  • 1982年一橋大学商学部卒業
  • 1984年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了
  • 1989年ハーバード大学文理大学院博士課程修了
  • 1989年ハーバード大学ビジネススクール助教授
  • 1995年北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術調査センター助教授
  • 1997年北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科助教授
  • 2002年神戸大学大学院経営学研究科助教授
  • 2004年神戸大学大学院経営学研究科教授

専攻

経営戦略・経営者論

担当科目

  • 大学院(MBA):ケースプロジェクト研究、ゼネラルマネジメント応用研究
  • 学部:経営戦略、研究指導

研究テーマ

事業の長期収益を決める主因は何なのか。これをテーマに研究を進めてきましたが、2015年7月刊行の『経営戦略の実戦1:高収益事業の創り方』で私なりの答えを出しました。次は同じ実戦シリーズの第2巻で長期の売上成長を左右する主因に立ち向かいます。第1巻では東名阪一部上場企業プラス東証二部上場企業の1805社(金融と不動産セクターを除く)を調査対象としましたが、第2巻では不動産セクターも含めた全上場企業(金融だけは除外)を相手にするつもりです。それと併行して占有率を決める主因の研究も始めており、収益率(ブー)と成長率(フー)と占有率(ウー)の全3巻が出揃うと、私がライフワークとする帰納的戦略論が全貌を現すことになります。そうすれば、日本は経営幹部教育で世界の最先端に躍り出ることになるはずと信じています。

最近の論文・著書

    2014年5月12日号から週刊東洋経済の巻頭コラム「経済を見る眼」の執筆陣に加わりました。7週間ごとに順番が回ってくるので、よろしければ覗いてみてください。

  • 『モノ造りでもインターネットでも勝てない日本が、再び世界を驚かせる方法―センサーネット構想』三品 和広 (著), センサー研究会 (著)、東洋経済新報社、2016年
  • 『経営戦略の実戦1:高収益事業の創り方』東洋経済新報社、2015年
  • 『リ・インベンション』東洋経済新報社、2013年(編著)
  • 『どうする?日本企業』東洋経済新報社、2011年
  • 『総合スーパーの興亡』東洋経済新報社、2011年(編著)
  • 「日本企業の組織研究:過去から未来へ」組織科学第44巻 第1号、2010年(共著)
  • 『戦略暴走』東洋経済新報社、2010年
  • 「役員階からの展望:時機読解の戦略論」組織科学第42巻第3号、2009年
  • 「見えざる利益」一橋ビジネスレビュー第56巻第1号、2008年
  • 『戦略不全の因果』東洋経済新報社、2007年
  • 「経営体制のライフサイクル」組織科学第39巻第4号、2006年
  • 『経営戦略を問いなおす』ちくま新書、2006年
  • 『経営は十年にして成らず』東洋経済新報社、2005年(編著)
  • 『戦略不全の論理』東洋経済新報社、2004年、(第45回エコノミスト賞、第21回組織学会高宮賞、第5回日経BP・BizTech図書賞受賞)
  • 「専門経営者の帝王学」一橋ビジネスレビュー第52巻第2号、2004年
  • 「企業戦略の不全症」一橋ビジネスレビュー第50巻第1号、2002年
  • 「日本型企業モデルにおける戦略不全の構図」組織科学第35巻第4号、2002年
  • 「日本企業の事業経営責任者:二次的エージェントの問題」、『日本企業 変革期の選択』東洋経済新報社、2002年
  • "The Collaborative Mindset in Action" in www.impm.org, 2002
  • "Learning by New Experience: Revisiting the Flying Fortress Learning Curve" in "Learning by Doing: in Markets, Firms, and Countries." University of Chicago Press, 1999(Naomi R. Lamoreaux, Daniel M. G. Raff, Peter Temin 等と共著)
  • "Beyond Flexibility: Toyota's Robust Process-Flow Architecture" in "Coping with Variety: Flexible Productive Systems for Product Variety in the Auto Industry." Ashgate, Hampshire: England, 1999(Yannick Lung, LeanJacques Chanaron, Takahiro Fujimoto, Daniel Raff 等と共著)
  • "Making Toyota in America: Evidence from the Kentucky Transplant, 1986-1994" in "Between Imitation and Innovation: the Transfer and Hybridization of Productive Models in the International Automobile Industry." Oxford University Press, 1998(Robert Boyer, Elsie Charron, Ulrich Jurgens , Steven Tolliday 等と共著)
  • "A Misguided Trajectory?: Automatically Guided Vehicles in Auto Assembly" in "Transforming Automobile Assembly: Experience in Automation and Work Organization." Springer, Berlin, 1997(Koichi Shimokawa, Ulrich Jurgens, Takahiro Fujimoto 等と共著)

メッセージ

研究者であることを第一義に据える人が多い大学において、私は教育者と自認しています。そして教えるべき中身を補強するために研究を進めるわけですが、そこでは空理空論を避けて、経営の責を担った先人たちが遺していった教訓を発掘する「経営考古学」にいそしんでいます。誰かが良かれと信じて打った手の評価は、10年、20年、または30年待たないと定まるものではありません。その評価に立ち向かい、教訓を引き出し、知恵を明文化していくことが私の未来に向けた仕事と受けとめて、日夜資料と格闘しています。