神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

尾崎 弘之

尾崎弘之おざきひろゆき

教授
博士(学術)(早稲田大学)
教員のメールアドレス(画像)

略歴

  • 2016年 神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科教授(兼務)
  • 2016年 株式会社ダイセキ環境ソリューション取締役(兼任)
  • 2015年 デリカフーズ株式会社取締役(兼任)
  • 2015年 神戸大学大学院経営学研究科教授
  • 2013年 フジッコ株式会社監査役(兼任)
  • 2007年 Nanyang Technological University (Singapore), Graduate School of Business, Visiting Professor(兼任)
  • 2005年 東京工科大学大学院バイオ情報メディア研究科教授・コンピュータサイエンス学部教授
  • 2005年 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期課程修了 博士(学術)
  • 2004年 ディナベック株式会社入社 取締役
  • 2001年 SBIホールディングス株式会社 入社
  • 1998年 ゴールドマン・サックス投信執行役員
  • 1995年 ゴールドマン・サックス証券 入社 バイス・プレジデント
  • 1993年 モルガン・スタンレー証券 入社 バイス・プレジデント
  • 1990年 New York University, Stern School of Business 修了
  • 1984年 野村證券株式会社 入社
  • 1984年 東京大学法学部第Ⅱ類 卒業

専攻

ベンチャー経営、エネルギー・環境ビジネス、オープンイノベーション

研究テーマ

大企業とベンチャー企業のオープンイノベーション、環境ベンチャーの規制マネジメント、再生可能エネルギー推進方法

最近の論文・著書

  • 「『肉ひと筋』で、勝つ: 『いきなり!ステーキ』と一瀬邦夫」,集英社,2016年.
  • 「再生可能エネルギーと新成長戦略」(共著),エネルギーフォーラム,2015年.
  • 「次世代環境ビジネス-成功を導き出す7つの戦略」,日本経済新聞出版,2009年.
  • 「バイオベンチャー経営論-医薬品開発イノベーションのマネジメント」,丸善,2007年.
  • 「MOTアドバンスト 技術ベンチャー(第3章担当)」(共著),日本能率協会マネジメントセンター,2004年.
  • 「俺のイタリアンを生んだ男:異能の起業家・坂本孝の経営哲学」,IBCパブリッシング,2014年.
  • 「俺のイタリアンを生んだ男:異能の起業家・坂本孝の経営哲学(電子書籍)」,クリーク&リバー社,2014年.

  • 「次世代環境ビジネス分析のフレームワーク」,環境経営学会『サステイナブルマネジメント』第9巻第3号,47-67頁,2010年.
  • 「起業家の素顔と戦略に関する研究」(共著),東京工科大学『東京工科大学研究報告 No.4』,47-65頁,2009年.
  • 「創薬プロセスのビジネス・モデルによる差異─創薬ベンチャー6社の戦略比較─」,経営情報学会『経営情報学会誌』,Vol.15 No.1,63-78頁,2006年.
  • 「日本におけるバイオベンチャーの経営の研究―競争戦略構築のためのチェック・リストの作成」(博士学位論文),早稲田大学大学院アジア太平洋研究科,2005年.
  • 「ツール型バイオベンチャーの経営戦略─トランスジェニック社の例を基に─」,経営行動研究学会『経営行動研究年報』第13号,47-51頁,2004年.

メッセージ

日本経済の成長戦略には、新事業に果敢に挑戦するアントレプレナーが輩出することが必要です。特に、科学分野のベンチャーに大きなポテンシャルがあります。ここ神戸で、理系人材を世界で活躍する起業家に育てることが夢です。また、日本企業がグローバル競争に勝つためには、製品開発の「自前主義」にこだわらず、広く外部の組織と提携する「オープンイノベーション」が効果的です。日本では大企業に優秀な人材が多く、ベンチャーの資源などを有効活用するオープンな人材の育成が求められます。