神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

三古 展弘

三古展弘さんこのぶひろ

准教授
博士(工学)名古屋大学
教員の個人ページ個人のページ教員のメールアドレス(画像)

略歴

  • 2007年 神戸大学大学院経営学研究科准教授
  • 2005年 神戸大学大学院経営学研究科助教授
  • 2005年 名古屋大学大学院環境学研究科博士課程(後期課程)修了
  • 2002年 名古屋大学大学院工学研究科博士課程(前期課程)修了
  • 2001年 フランス国立ポンゼショセ工科大学国際経営大学院修了
  • 1999年 名古屋大学工学部卒業

専攻

交通計画・交通行動分析

担当科目

  • 大学院(Ph.D.):統計的方法論特殊研究(非集計データ分析)
  • 大学院(MBA):需要予測と意思決定
  • 学部:市場システム特殊講義(交通計画)、経営の理論分析3

研究テーマ

社会全体の交通現象は, 個々人の交通に関する意思決定(交通手段選択, 経路選択, 目的地選択、自動車保有選択など)の集積です。そこで, 意思決定単位である個人を単位として分析を行い, その結果として社会全体の交通現象を表現することを基本的な考えとして研究を行っています。特に, 個人の交通行動の変化や, 新規交通サービスの需要予測などに関心があります。

最近の論文・著書

  • 「RPの属性値を基準にした効率的なSP調査設計:RPとSPの誤差項に着目して」(山本俊行と共著),『土木学会論文集D3(土木計画学)』,Vol. 67,No. 5,2011年,I_427-I_434.
  • 「居住地の交通利便性を考慮した世帯の自動車・二輪車保有モデルの時点間比較―中京都市圏を例として―」(前岨宏明,山本俊行,森川高行と共著),『土木計画学研究・論文集』,Vol. 22,2005年,541-550.
  • 「世帯単位で見た居住地・自動車保有・自動車旅行距離の関係の経時分析」(森川高行と共著), 『土木計画学研究・論文集』, Vol. 21, 2004年, 523-530.
  • 「非集計交通手段選択モデルにおける修正された選択肢固有定数項の時間移転性」(森川高行と共著), 『都市計画論文集』, No. 39-3, 2004年, 511-516.
  • 「新交通システム需要予測の事後評価-ピーチライナーを例として-」(森川高行, 永松良崇と共著), 『運輸政策研究』, Vol. 7, No. 2, 2004年, 20-29.

  • “Travel Demand Forecasts Improved by Using Cross-sectional Data from Multiple Time Points“ Transportation, accepted.
  • “Post-project Evaluation of Travel Demand Forecasts: Implications from the Case of a Japanese Railway“ (co-authored with T. Morikawa and Y. Nagamatsu), Transport Policy, accepted.
  • “Estimation Efficiency of RP/SP Models Considering SP Design and Error Structures“ (co-authored with T. Yamamoto), Journal of Choice Modelling, accepted.
  • “Mode Choice Models' Ability to Express Intention to Change Travel Behaviour Considering Non-Compensatory Rules and Latent Variables“ (co-authored with T. Morikawa and S. Kurauchi), IATSS Research, forthcoming, DOI:10.1016/j.iatssr.2012.10.001
  • “Household Car and Motorcycle Ownership in Bangkok and Kuala Lumpur in Comparison with Nagoya“ (co-authored with D. Dissanayake, S. Kurauchi, H. Maesoba, T. Yamamoto and T. Morikawa), Transportmetrica, forthcoming, DOI:10.1080/18128602.2012.726285
  • “Temporal Transferability of Updated Alternative-Specific Constants in Disaggregate Mode Choice Models” (co-authored with T. Morikawa), Transportation, Vol. 37, No. 2, 2010, 203-219.
  • “Inter-Temporal Analysis of Household Car and Motorcycle Ownership Behaviors - The Case in the Nagoya Metropolitan Area of Japan, 1981-2001 -” (co-authored with D. Dissanayake, S. Kurauchi, H. Maesoba, T. Yamamoto, and T. Morikawa), IATSS Research, Vol. 33, No. 2, 2009, 39-53.
  • “Choice Models Using Matching Data” (co-authored with T. Morikawa), In: R. Kitamura, T. Yoshii, and T. Yamamoto (Ed.) The Expanding Sphere of Travel Behaviour Research: Selected Papers from the 11th International Conference on Travel Behaviour Research, Emerald, UK, 2009, 571-594.
  • “Analysis of the Users' Impressions to Railway Stations Focusing on the Effects of Adjunct Retail Facilities" (co-authored with C. Li, T. Yamamoto and T. Morikawa), Proceedings of International Symposium on City Planning 2004, City Planning Institute of Japan, 2004, 227-235.
  • “Best Practice in SP Design" (co-authored with A. Daly and E. Kroes), Proceedings of European Transport Conference 2002 (CD-ROM), 2002.

メッセージ

大学は工学部に入りましたが, 研究テーマは経済, 経営, 心理などと関わりの深いものも扱うようになってきました。これまでは工学系の方と接する機会が多かったのですが, 経営学の皆さんからも新しい刺激を受けられるのを楽しみにしています。