神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

鈴木 健嗣

鈴木健嗣すずきかつし

准教授
博士(商学)(一橋大学)
教員の個人ページ個人のページ教員のメールアドレス(画像)

略歴

  • 2000年一橋大学大学院商学研究科博士課程前期課程入学
  • 2005年一橋大学大学院商学研究科博士課程後期課程修了
  • 2005年東京理科大学経営学部専任講師
  • 2010年神戸大学経営学部准教授

専攻

コーポレートファイナンス

担当科目

研究テーマ

公募増資,新規株式公開,ベンチャーファイナンス,株主優待

最近の論文・著書

  • 「株主優待導入の短期的影響―株式流動性とアナウンスメント効果の検証―」,証券アナリストジャーナル,2008,pp107-12,(with 砂川伸幸).
  • 「IPO企業におけるコーポレートガバナンス構造の決定要因」経営分析研究 23,2007,pp.43-51, (with 奥田真也、高原利栄子) .
  • 「日本におけるロックアップ契約の役割」経営財務研究Vol.24/No.2, 2005,pp.99-115.
  • 「上場・廃止基準が新規公開費用に及ぼす影響:新興三市場の比較」現代ファイナンスNO17,2005,pp.3-25.
  • 「引受シンジケートの構成が新規公開費用に与える影響」一橋論叢132巻5号,2004,pp.87-106.
  • 「ベンチャーファイナンスに おけるベンチャーキャピタル契約の役割」経営財務研究Vol.22/NO.2,2002,pp.150-164.
  • "Do the equity holding and soundness of bank underwriters affect issue costs of SEOs?" Journal of Banking and Finance 34, 2010, pp.984–995.
  • "Goverment control and the higher costs of going public: Evidence from a new stock market in China," Journal of Corporate Governance & Control 6 (1), 2008, pp9-16. (with N. Teshima).
  • "Ownership structure and underwriter spread: Evidence from Japanese IPOs," International Journal of Managerial Finance, 4 (2), 2008, pp.96-111.
  • "Underwriting Spread and the Investment of Security Company-affiliated Venture Capital," Applied Financial Economics Letters, 3 (4), 2007, pp.275-279.
  • "The Role of Bank-Affiliated Venture Capital in Small Business Finance." Hitotsubashi Journal of Commerce and Management 41, 2007, pp.19-36. (with M. Konishi).
  • "Information content of taxable income," 19th Asia-Pacific Conference On International Accounting Issues, 2007 (Published in CD-ROM), (with Onuma, H., and H. Yamashita).
  • "Stock market for SMEs Established in Shenzhen and the Cost of IPO Financing," Proceedings of The 4th SMEs in A Global Economy Conference, 2007, (Published in CD-ROM)(with Teshima, N.).
  • "Accounting-based multiples and the pricing in IPO market: Evidence from Japan." Proceedings of the 3th Asia Accounting Academic Association Conference, 2003, (Published in CD-ROM), (with Okuda, S., and S. Kuga.).

メッセージ

コーポレートファイナンス論の重要性は,国内外においてますます高まっています.しかし,日本における研究蓄積は,いまだ十分なものとはいえません.みなさんと共に積極的にコーポレートファイナンスの諸問題に取り組んでいきたいと思います.