神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

髙橋 潔

髙橋 潔たかはし きよし

教授
Ph.D.(ミネソタ大学)
教員の個人ページ個人のページ教員のメールアドレス(画像)

略歴

  • 1984年 慶應義塾大学文学部卒業
  • 1986年 慶應義塾大学大学院社会学研究科前期博士課程修了
  • 1995年 慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学
  • 1996年 ミネソタ大学経営大学院博士課程修了
  • 1997年 南山大学経営学部講師
  • 1998年 南山大学経営学部助教授
  • 2000年 南山大学総合政策学部助教授
  • 2004年 神戸大学大学院経営学研究科助教授
  • 2006年 神戸大学大学院経営学研究科教授
  • 2017年 退職。立命館大学へ移籍

専攻

産業心理学・組織行動論

担当科目

  • 大学院(MBA):現代経営学応用研究(組織行動Ⅰ)
  • 大学院(Ph.D.):サーベイリサーチ法特殊研究
  • 学部:基礎演習(経営の理論と実践)、初年次セミナー

研究テーマ

専門は産業心理学と組織行動論。経営と人事管理に関連した事象を心理学的なアプローチから研究しています。たとえば、就 職面接、SPIなどの適性検査、人事評価、目標管理制度(MBO)、360度多面評価、アセスメントセンターなど、ひとを評価(アセスメント)する方法 が、どうすれば誤りなくフェアに実施されるかについて関心をもっています。最近では、人材の創造性の測定法と育成研修について、開発研究し ています。

最近の論文・著書

  • 『評価の急所:パラダイムシフトを迎える人事評価』生産性労働情報センター,2013年
  • 「Testing the Zimbardo Time Perspective Inventory: Japanese validation study」 International Studies in Time Perspective. University of Coimbra Press. 2013年
  • 「経験と対話による人材育成」『〈先取り志向〉の組織心理学―プロアクティブ行動と組織』有斐閣,2012年
  • 「評価の意味と面接」『経営行動科学ハンドブック』中央経済社,2011年
  • 『人事評価の総合科学―努力と能力と行動の評価』白桃書房,2010年
  • 『Jリーグの行動科学―リーダーシップとキャリアのための教訓』白桃書房,2010年
  • 「Cognitive framework for performance appraisal: An empirical study of narrative evaluations in a Japanese auto company.」 Challenges of human resource management in Japan. Routledge. 2010年


  • 「Criteria for screening job-applicants in Japanese companies: Policy capturing approach.」 Journal of Academy of Business and Economics. 15: 101-109. 2015年
  • 似て非なるもの MBOとPM,『日本労働研究雑誌』57(4), 40-41. 2015年
  • 戦略的かつ効果的に育成するリーダーシップ・パイプライン,『人材教育』27(4), 32-35. 2015年
  • 「The empathetic sorting technique: Measuring corporate culture by sorting illustrated value statements.」 Business Studies Journal. 6: 81-101. 2014年
  • 採用選考における公正理論の役割,『国民経済雑誌』209(5),17-30. 2014年
  • 『創造性再考―三位一体アプローチによる理論と測定』神戸大学ディスカッションペーパーNo.2014-28. 2014年
  • Measurement of creativity: The tripartite approach for creative thinking. Kobe University Discussion Paper No. 2014-27. 2014年
  • OJTを救うウェブ・ラーニングとアンラーニング,『日本労働学会誌』15(2), 77-79. 2014年
  • 創造性を育むとっておきの方法,『産政研フォーラム』104, 38-43. 2014年
  • モチベーションにデザインとマネジメントの視点を取り込む―経営資源「ヒト」との付き合い方,『Think!』49, 76-83. 2014年
  • サッカー仕事論 強い個性を孤立させない,『AERA』2014年5月26日号,10-15. 2014年
  • 全球的人材育成のためのラーニング―積極的忘却ノススメ,『生活福祉研究』85, 21-35. 2013年
  • 『共感ソート法による組織文化の測定』法政大学イノベーション・マネジメント研究センター・ワーキングペーパーシリーズNo.139. 2013年
  • 学問図鑑25 組織行動論への誘い,『河合塾ガイドライン』2013年4・5月号,67-69. 2013年
  • 面接をやめる勇気,『Business Labor Trend』2013年12月号,39. 2013年
  • 創造性の現状と課題―思考三位一体理論の挑戦,『Business Insight』81, 4-9. 2013年
  • 日本型人的資源の測定論―創造性・組織文化・リーダーシップに関する日本発のメジャメント・メソッドの探求,『経営行動科学』26, 163-180. 2013年
  • Qualitative and quantitative studies of leadership in multinational settings: Meta-analytic and cross-cultural reviews. Journal of World Business, 47, 530-538. 2012年
  • 公平な評価のための3つの視点,『ジュリスト』1441(5), 37-42. 2012年
  • リーダーシップの本質,『国民経済雑誌』205(6), 51-66. 2012年
  • カオスの羅針盤―人事評価,『讀賣新聞』2012年4月10日夕刊第5面
  • ザッケローニ直撃120分 負けない組織はこうつくる,『プレジデント』 50(21), 116-120. 2012年(http://president.jp/articles/-/6785).
  • 「脱」ガラパゴス人事 第1回 新卒一括採用の呪縛を解く 面接を捨てる覚悟,『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』2012年(http://diamond.jp/articles/-/17169).
  • 「脱」ガラパゴス人事 第2回 落日のOJT 「神話」を捨て去るときが来た,『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』2012年(http://diamond.jp/articles/-/18761)
  • 「脱」ガラパゴス人事 第3回 幸福を呼ぶキャリア論,2012年『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』(http://diamond.jp/articles/-/20470)
  • 「脱」ガラパゴス人事 第4回 不満渦巻く人事評価改善の方策 連携せよ!左脳的評価と右脳的評価,『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』2012年(http://diamond.jp/articles/-/21880)
  • 「脱」ガラパゴス人事 第5回 「ドラえもん亡国論」将来のリーダーシップを問う,『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』2012年(http://diamond.jp/articles/-/23781)
  • 「脱」ガラパゴス人事 第6回 内なる力を引き出す モチベーションという名の船の旅,『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』2012年(http://diamond.jp/articles/-/25164)
  • 「脱」ガラパゴス人事 第7回 時間の見方が組織を築く 人事の時間展望,『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』2012年(http://diamond.jp/articles/-/26603)
  • 「脱」ガラパゴス人事 第8回 イノベーションのジレンマを克服する クリエイティビティを高める組織・人事,『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』2012年(http://diamond.jp/articles/-/28770)
  • 人と組織のアンチエイジング,『産政研フォーラム』96, 15-21. 2012年
  • 成果主義と評価の歩み,『Infinitie』No.15, Management Service Center, 2012年(http://www.msc-net.co.jp/infinite/15.html)
  • ボーダーレス社会における評価, 『Infinitie』No.16, Management Service Center, 2012年(http://www.msc-net.co.jp/infinite/16.html)
  • 「人事評価を効果的に機能させるための心理学からの論点」『日本労働研究雑誌』617, 22-32. 2011年
  • 「Career transitions in the J-League: Theories and practices of career support for professional football players.」 Japan Labor Review, 8(4), 67-82. 2011
  • 「サッカーが人をつくる―史上最強のオランダ式育成メソッド」『産政研フォーラム』90, 34-38. 2011年
  • 「人を動機づける新パラダイム アセスメント3.0」『人材教育』23(10), 24-27. 2011年
  • 「創造性を生むダイアローグ」『WEB労政時報』2011.09.20, (https://www.rosei.jp/readers/) 2011年
  • 「Jリーグにおけるキャリアの転機―キャリアサポートの理論と実際」『日本労働研究雑誌』603, 16-26. 2010年
  • 「就職・採用活動におけるマーケティング・モデルからの脱却」『国民経済雑誌』202(1), 113-128. 2010年
  • 「モチベーションを理解するための3つの次元」『経済学・経営学学習のために』平成22年度前期号: 1-9. 2010年
  • 「いま、リーダーシップをどう考えるか」『Business Insight』71, 4-6. 2010年
  • 「クイズでリーダーシップを測る」『凌霜』387(2010年11月号), 23-25. 2010年

メッセージ

「千人心を同じうすれば、すなわち千人の力を得。万人心を異にすれば、すなわち一人の用無し。(淮南子)」一人ひとりがバラバラではまっ たく力にならず、反対に皆がこころをあわせれば大きな力となります。勉強でも、サークル活動でも、バイトでも、ゼミでも、助け合いの精神が 大切。