神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

内田 浩史

内田 浩史うちだひろふみ

教授
博士(経済学)(大阪大学)
教員の個人ページ個人のページ

略歴

  • 1993年大阪大学経済学部経済学科卒業
  • 1995年大阪大学大学院経済学研究科博士課程前期課程修了
  • 1996年大阪大学大学院経済学研究科博士課程後期課程退学
  • 1996年京都大学経済研究所講師(研究機関研究員)
  • 1997年和歌山大学経済学部助手
  • 1998年和歌山大学経済学部講師
  • 1999年博士(経済学)大阪大学大学院経済学研究科
  • 2000年和歌山大学経済学部准教授
  • 2003-2004年米国インディアナ大学ケリースクールオブビジネス客員研究員(フルブライト研究員)
  • 2009年神戸大学大学院経営学研究科准教授
  • 2011年神戸大学大学院経営学研究科教授

専攻

金融機関、銀行の役割、金融システム、企業間信用

担当科目

  • 学部:金融機関

研究テーマ

効率的な金融システム設計のための金融機関の役割について研究しています。現在は(1)日本の銀行の役割(リレーションシップバンキングなど)、(2)企業間信用(掛け取引)の実態、(3)銀行の貸出技術、などについて、現実のデータを使った実証分析を中心に研究を行っています。この他にも金融機関の機能や金融契約の特徴などについての理論分析が専門です。

最近の論文・著書

  • 内田浩史『金融機能と銀行業の経済分析』日本経済新聞出版社, 2010.
  • 内田浩史・植杉威一郎・内野泰助・小野有人・間真実・細野薫・宮川大介「大震災と企業行動のダイナミクス」『経済研究』近刊.
  • 内田浩史・植杉威一郎・小野有人・細野薫・宮川大介「経済学的視点から見た二重債務問題‐企業の問題を中心に‐」『金融経済研究』(日本金融学会)第34号, pp.1-27, 2012.
  • 内田浩史「企業間信用の機能」『現代ファイナンス』No.29, pp. 3-48, 2011.
  • 小倉義明・内田浩史「金融機関の経営統合とソフトな情報の毀損」『経済研究』vol. 59, pp. 153-163, 2008.
  • Ogura, Y. and Uchida, H., “Bank Consolidation and Soft Information Acquisition in Small Business Lending,” Journal of Financial Services Research, forthcoming.
  • Uchida, H., G. Udell, and W. Watanabe “Are Trade Creditors Relationship Lenders?” Japan and the World Economy, vol.25-26, pp.24-38, 2013.
  • Uchida, H., G. Udell, and N. Yamori, “Loan Officers and Relationship Lending to SMEs,” Journal of Financial Intermediation, vol. 21 (1), pp.97–122, 2012.
  • Nakagawa, R. and H. Uchida, “Herd Behaviour by Japanese Banks after the Financial Deregulation in the 1980s,” Economica, vol. 78 (312), pp. 618–636, 2011.
  • Uchida, H., “What Do Banks Evaluate When They Screen Borrowers? Soft Information, Hard Information and Collateral,” Journal of Financial Services Research, vol. 40 (1-2), pp. 29-48, 2011.
  • Fujiki, H. and H. Uchida, “Inflation Target and Debt Management of Local Government Bonds,” Japan and the World Economy, vol. 23 (3), pp. 178–189, 2011.
  • Kano, M., H. Uchida, G.F. Udell, and W. Watanabe, “Information Verifiability, Bank Organization, Bank Competition and Bank-Borrower Relationships,” Journal of Banking and Finance, vol. 35 (4), pp. 935-954, 2011.
  • Uchida, H. and G. Udell, “Banking in Japan,” in A. Berger, P. Molyneux, and J. Wilson eds., Oxford Handbook of Banking, Ch. 35, Oxford University Press, 2010.
  • Uchida, H. and M. Satake, “Market Discipline and Bank Efficiency,” Journal of International Financial Markets, Institutions and Money, vol. 19 (5), pp. 792–802, 2009.
  • Uchida, H., G.F. Udell, and N. Yamori, “How do Japanese Banks Discipline Small and Medium-Sized Borrowers?: An Investigation of the Deployment of Lending Technologies,” International Finance Review, vol. 9, pp.57-80, (Institutional Approach to Global Corporate Governance), 2008.
  • Uchida, H., G.F. Udell, and W. Watanabe, “Bank Size and Lending Relationships in Japan,” Journal of the Japanese and International Economies, vol. 22 (2), pp. 242-267, 2008.
  • Uchida, H. and R. Nakagawa, “Herd Behavior in the Japanese Loan Market: Evidence from Bank Panel Data,” Journal of Financial Intermediation, vol. 16 (4), pp. 555-583, 2007.
  • Uchida, H. and H. Fujiki, “Optimal Inflation Target under Uncertainty,” Japan and the World Economy, vol.17 (4), pp.470-479, 2005.
  • Uchida, H. and Y. Tsutsui, “Has Competition in the Japanese Banking Sector Improved?” Journal of Banking and Finance, vol.29 (2), pp.419-439, 2005.
  • Fujiki, H., H. Osano, and H. Uchida, “Optimal Contracts for Central Bankers and Public Debt Policy,” Japanese Economic Review, vol.55 (4), pp.372-400, 2004.
  • Uchida, H., “Deposit Collateral and the Role of Banks,” European Finance Review (Review of Finance), vol. 7 (3), pp.409-435, 2003.

メッセージ

学生時代は体育会運動部に所属し、運動ばかりしていました。心は未だに体育会系ですが、最近は運動する時間がすっかりなくなってしまいました。何事も高いレベルを目指して努力することを心がけており、今後は新たな研究領域にもチャレンジしていこうと思っています。