神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

與三野 禎倫

與三野 禎倫よさの ただのり

准教授
博士(経営学)(神戸大学)
教員のメールアドレス(画像)

略歴

  • 2007年 神戸大学大学院経営学研究科准教授
  • 2004年 神戸大学大学院経営学研究科助教授
  • 2002年 岡山大学経済学部助教授
  • 2002年 神戸大学大学院経営学研究科会計システム専攻博士課程後期課程修了
  • 1999年 日本学術振興会特別研究員
  • 1999年 神戸大学大学院経営学研究科企業システム専攻博士課程前期課程修了
  • 1994年 (株)日立製作所 入社
  • 1994年 京都大学経済学部経済学科卒業

専攻

財務会計・国際会計

研究テーマ

1.国際会計.国際会計基準を含んだ制度的な研究,および,企業活動の国際化と資金調達の国際化に伴う財務報告の課題.
2. 企業の資本政策と財務報告.M&A,Stock Option,Stock Repurchase,金融機関の資本規制等のNet Wealth,またはCapitalに着目した会計.
3. Intangibles,Intellectual Capital,またはGoodwillと財務報告.従来はBalance Sheetに計上されていない非財務的項目のDisclosure.
4. 内部統制とRisk Management.内部統制に関するRisk Managementの観点からの分析,および,その資本市場への影響等.

担当科目

  • 大学院(Ph.D.):会計制度特論、会計制度特殊制度(国際会計制度)
  • 学部:国際会計、会計学特殊講義(連結会計入門)

最近の論文・著書

  • “Testing the Pecking Order, Method-of-Payment, Financial Slack, and Misvaluation Hypotheses for Tender Offers: Evidence from Japan, ” Proceedings of Financial Management Association Annual Meeting, Oct. 2010, (Co-authored with Shimada, Y.).
  • “Analysts’ perceptions of intellectual capital information,” Australian Accounting Review, Sep. 2010, (Co-authored with Sakakibara, S., Hansson, B. and Kozumi, H.).
  • “Market Reaction to Accounting Policy Choices of Merger and Acquisition in Japan: Evidence to International Accounting: Evidence for the Japanese Adoption of International Accounting Standards,” Discussion Paper No. 2010-53, Graduate School of Business Administration, Kobe University, pp.1-38, 2010 (Co-authored with Shimada, Y.).
  • “ Intellectual capital disclosures in Japanese IPO prospectuses,” Journal of Human Resource Costing & Accounting, Volume:13, Issue:4, pp:316-337, 2009 (Co-authored with Rimmel, G. and Nielsen, C.).
  • “Competitive superiority and knowledge assets of Japanese high-growth small and medium enterprises,” Proceedings of OECD Study on high-growth SMEs, innovation, intellectual assets and value creation of Working Party on SMEs and Entrepreneurship, 2008 (Co-authored with Koga, C.) .
  • “Influence of Intellectual Capital Information on Credit Risk Rating Process/Criterion and Credit Conditions -Survey Analysis of Japanese Financial Institutions,” Proceedings of 4th Work Shop on Visualising, Measuring and Managing Intangibles and Intellectual Capital, 2008 (Co-authored with Koga, C.). PriceWaterHouseCoopers Award for the “Best Junior Contribution to the Development of Intangibles and IC theory and Practice,” 4th European Institute for Advanced Studies in Management Workshop on “Visualising, Measuring, and Managing Intangibles and Intellectual Capital,” Hasselt (Belgium), 22-24 October 2008.
  • “Value Relevance of R&D Capital Information: Evidence from Tokyo Stock Exchange,” Proceedings of 2nd Work Shop on Visualising, Measuring and Managing Intangibles and Intellectual Capital, 2006 (Co-authored with Sakakibara, S., Jung. E. J. and Kozumi, H.).
  • 「[原則主義]対[細則主義]と監査人の判断形成」『国民経済雑誌』神戸大学経済経営学会,第201巻第4号,1-16頁,2010年(古賀智敏・嶋津邦洋との共著).
  • 「知的資産ファイナンスにおける非財務情報の有効活用と今後の展望―実態調査を基礎として(その3・終)」『企業会計』第61巻第1号,129-135頁,2009年(古賀智敏との共著).
  • 「知的資産情報と金融機関の融資条件に関する影響分析-実態調査を基礎として(その2)-」『企業会計』第60巻第12号,124-132頁,2008年(古賀智敏との共著).
  • 「知的資産情報と金融機関の信用評価プロセス/評価基準-実態調査を基礎として(その1)-」『企業会計』第60巻第11号,123-130頁,2008年(古賀智敏との共著).
  • 「知的資産の重要性と開示」 『商学論究』(関西学院大学商学研究会)第55巻第1号,19-35頁,2007年 (榊原茂樹・ボー・ハンソンとの共著).
  • 「無形資産情報の開示と評価」,『会計』第169巻第5号,19-30頁,2006年.

メッセージ

大学院演習は,国際会計をはじめとする4領域の代表的な文献およびEconometricsのTextbookを使用した個別報告とグループ討論を実施いたします.