神戸大学大学院経営学研究科:神戸大学経営学部

神戸大学MBA公開セミナー

神戸大学MBA公開セミナー(入場無料・要予約)を、神戸大学梅田インテリジェントラボラトリで開催しています。

神戸大学経営学研究科は、本学教員と社会人MBA生が行った最先端の経営実践の研究成果を対外発信する場として、定期的に公開セミナーを開催します。将来的に神戸大学のMBAコースへの進学を希望する方々にとっては、本学教員および現役MBA生の話を直接聞き、神戸大学MBAを体験する場としてこの機会を利用することができます。お誘い合わせのうえ、ふるってご参加ください。また、ご関心がおありの方々にもあわせてご案内いただければ幸いです。

参加希望者は、各回の案内欄にある「参加登録」というボタンをクリックして、 事前登録をしてください。席に限りがありますので、お早めのお申し込みをお願いいたします。

お願い 現在多数のお申し込みをいただき、お申込み期限前に締め切りとさせていただくことが多くなっております。参加の登録をされる際には、確実に来られる場合のみのお申し込みをお願いいたします。

※当日、ご連絡なしで欠席された方は、次回よりお断りする場合がございます。ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

お問い合わせ: 神戸大学経営学研究科(神戸市灘区六甲台町2-1)
E-mail:bwebmaster@b.kobe-u.ac.jp

第21回

2017年8月9日(水)18:30~19:45

『長期取引におけるバイヤー・サプライヤー関係管理:航空機産業の取引構造と組織間信頼』

講師:坂元剛氏(2016年度加護野忠男論文賞受賞者、神戸大学MBA修了生)
場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ(梅田ゲートタワービル8階)

8月の神戸大学MBA公開セミナーでは、本学MBA修了生で、2016年度加護野忠男賞受賞者の坂元剛氏が、受賞論文のエッセンスを語ります。

世界の航空旅客需要の増加を背景に民間航空機市場は安定成長が予想されています。ボーイングやエアバスでは多くの新機種開発が進行中で、三菱航空機ではMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の開発試験が進められています。膨大な数の構成部品やシステムを世界中のサプライヤーから調達するバイヤーにとって、競争力のあるサプライチェーンの構築は開発プロジェクトの成否に関わる重要な経営課題です。事業リスクを管理するため、バイヤーはリスクとリターンを巧みに組み込んだ契約をサプライヤーと締結します。

外資系の航空機エンジンメーカーに勤務する坂元氏は、バイヤー・サプライヤーの取引の中でも製品ライフサイクルが約30年に及ぶ長期取引において、組織間関係をいかに管理するかという課題に取り組みました。事例として航空機産業を取り上げ、組織間関係の管理に大きな役割を果たす「組織間信頼」に着目し、それを取り巻く諸要因との関係を明らかにすることでサプライチェーンマネジメントの本質を探求しました。

 

当日のプログラムは以下の通りです。

  • 18:30-18:35 挨拶、概要説明
  • 18:35-19:20 講演(坂元氏)
  • 19:20-19:45 質疑応答

募集人数は100名です

開催場所:神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ

募集は終了しました。

まだ参加はしない/ご都合が合わない方へ

今後の神戸大学MBA公開セミナーについてお知らせを希望される場合、

お知らせの希望

よりご登録をお願いいたします。

過去に開催したイベントは過去のイベント(この公開セミナーはこれまでたいへん好評であった経営グッドプラクティス・セミナーの成果を引き継ぎ開催されます)にご紹介しております。